<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd"> 定期預金の金利

定期預金について

定期預金とは、一定期間まとまったお金を預けて払い戻さない預金のことを意味し、普通預金に預けるよりも利息が多くなります。特徴をいくつか述べると、

■法人用と個人用がある

■安定的で金利が高く、日本の貯蓄性預金の大半を占める

■元本が保証されているので、預金額が減ることはない

■預金保証保険制度の保護対象になっている

などが挙げられます。定期預金の期間は、銀行によって異なりますが、最短1ヶ月~最長10年まであり、目的に合わせて選ぶことができます。また、種類も豊富で様々ですが、最も一般的なのが「スーパー定期預金」で、1ヶ月~10年の期間で1000円~預けることが可能です。そして、預け入れ時の利率は、満期日まで適用されます。「自由金利型定期預金(大口定期)」は、高利回りの自由金利型定期預金で、1ヶ月~10年の期間で、1000万円以上の大口の余裕資金の運用に最適です。「期日指定期預金」は、1年複利でお得な個人専用預金です。1年経過後は満期日を指定でき、一部の解約も可能です。「変動金利定期預金」は、預け入れ日から6ヶ月ごとに、市場金利に連動して金利が変わります。2~3年の期間で、1000円以上預けられます。「年金定期預金」は、年金受給顧客限定の、金利が上乗せされた定期預金です。預金額は1年で100万円までの制限があります。「退職金定期預金」は、退職金の受け入れ商品で、顧客のセカンドライフにかかる資金運用の支援を目的としており、適用される金利が有利になっています。 

 

「マネー関連」
2週間以内の海外旅行に適している海外旅行時の保険のサイトです → 海外旅行保険